かまどかの、氷温熟成鶏。

氷温熟成鶏

のびのびと育てられた山麓鶏をかまどかオリジナルの製法で氷温熟成鷄に。
鷄の飼育から、熟成、解体、お店での管理まで。氷温熟成鷄は
手間を惜しまず丁寧につくられます。

  • その1.

    自然豊かな山麓育ち。

    澄んだ空気や風、水に恵まれた広大な山の麓で平飼いされ、伸び伸びと育てられています。

  • 自然豊かな山麓育ち。イメージ画像
  • その2.

    氷でひと晩寝かせて
    氷温熟成。

    鶏を骨つきのまま氷結し、ひと晩寝かせることで氷温熟成させます。

  • 水でひと晩寝かせて氷温熟成。イメージ画像
  • その3.

    熟練職人の手捌きで解体。

    氷温熟成された鶏は、職人の熟練した手捌きによって部位ごとに無駄なく解体されます。

  • 熟練職人の手捌きで解体。イメージ画像
  • その4.

    氷詰めでお店にお届け。

    氷温熟成によって引き出された素材の美味しさを保つため、氷詰めにして毎日お店に届けています。

  • 氷詰めでお店にお届け。イメージ画像
  • その5.

    徹底した温度管理。

    お店でも毎日徹底した温度管理の下、氷詰めで保存し、いつでも美味しい状態を保ちます。

  • 徹底した温度管理。イメージ画像
  • その6.

    お店で手捌き、串打ちも。

    毎日お店でも部位ごとに手捌きし、串一本一本丁寧に手で串打ちしています。氷温熟成ならではのジューシーかつ柔らかな食感をお楽しみください。

  • お店で手捌き、串打ちも。イメージ画像
かまどかの、釜飯。

こだわりの釜飯

山形県産のはえぬき米に、上品な香りの鰹節、
旨味のつまった利尻昆布のだしが凝縮された釜飯は
ふっくらと香り高く、特別な味わいです。

  • その1.

    山形県産はえぬき米。

    日本穀物検定協会の食味ランキングで22年連続「特A」受賞。中でも生産者の協力により、「特別栽培米」のみを使用しています。

    山形県産はえぬき米の釜炊きイメージ画像
  • 山形県産はえぬき米。イメージ画像
  • その2.

    日本の伝統的な鰹節。
    上品な香りの鮪節。

    鰹節は静岡県御前崎 手火山式枯節(血合い抜き)を使用。江戸時代から続く一本一本手で燻す伝統技法でつくられた鰹本来の持つ味を堪能できる鰹節です。鮪節は薩摩の鮪節(血合い抜き)使用。血合いの部分を抜くことで鮪本来のうま味と上品で澄んだ香りが生まれました。

  • 日本の伝統的な鰹節。上品な香りの鮪節。イメージ画像
  • その3.

    7倍の旨みを生む名脇役。
    北海道産利尻昆布。

    オホーツク海の流水の中で育ちグルタミン酸やミネラルやフコンダンも豊富に含まれているため適度な塩味と甘みのあるまろやかさをもっています。鰹節に含まれるイノシン酸と、昆布に含まれるグルタミン酸は、両方が合わさると相乗効果により7倍のうまみになると言われています。

  • 7倍の旨みを生む名脇役。北海道産利尻昆布。イメージ画像

和食のための本格食材を集めました

日本の風土で育った繊細で奥深い味わいの食材。
素材を活かす和食ならではの調理方法で素材の旨味が光ります。

  • 十勝生まれのじゃがいも。イメージ画像

    十勝生まれのじゃがいも。

    インカのめざめと呼ばれる北海道十勝産のじゃがいもで、栗やさつまいものように非常に甘みがあると言われています。

  • 仙台味噌の極み。イメージ画像

    仙台味噌の極み。

    甘みとコクがある宮城県産タチナガハの大豆を使い、米麹も八賭〜十割使用。さらに一手間増やし大豆麹まで加えた、江戸時代からの仙台味噌を進化させた味噌。

  • 幻の海苔。イメージ画像

    幻の海苔。

    海苔の中でも約0.5%の生産量しかないことから「幻の海苔」と言われている「青混ぜ海苔」は、高級江戸前寿司さんが使用する海苔として有名です。

  • 一本釣り。イメージ画像

    一本釣り。

    一本釣り藁焼き鰹使用。一本ずつ釣り上げ生きたまま凍結することで鮮度がよいと言われています。

  • 白いダイヤモンド。イメージ画像

    白いダイヤモンド。

    吉野葛。食用のでんぷん。葛の根から僅かな葛粉しかとれず製造工程も厳しく非常に希少です。

  • 金色の胡麻油。イメージ画像

    金色の胡麻油。

    120余年の歴史ある九鬼の「金白純正胡麻油」は胡麻の持つやわらかな味と香りが特徴です。

  • 黒い七味。イメージ画像

    黒い七味。

    黒すりごまを中心にけしの実、唐辛子、山椒、花椒、陳皮、アサオを配合し直火焙煎しています。